光田研究室 (無機プラズマ合成) 東京大学 生産技術研究所         English
        光田研究室

  研究室メンバー     (2011 年 4 月現在)

• 教授

光田 好孝 (略歴)

生産技術研究所副所長
総長特任補佐

• 顧問研究員、研究員、協力研究員

6 名(学外)

• 助教

神子 公男
野瀬 健二

• 大学院生(マテリアル工学専攻)

M2=1名,M1=1名


過去の発表論文、受賞など

2013年

2013年12月
神子助教、野瀬助教らの研究成果(韓国 Kwangwoon大、芝浦工大との共同研究)が国際学術誌に掲載されました。

M. Kamiko, R. Suenaga, J-W, Koo, K. Nose, K. Kyuno, and J-G. Ha
“Effect of Ti seed Layers on Structure of Self-organized Epitaxial fcc-Ag(001) Oriented Nanodots”
J. Appl. Phys. 114 244307 pp. 1-8, American Institute of Physics (2013).
発表論文の概要(準備中)

2013年11月
神子助教、野瀬助教らの研究成果(韓国 Kwangwoon大、芝浦工大との共同研究)が国際学術誌に掲載されました。

M. Kamiko, R. Suenaga, J-W, Koo, K. Nose, K. Kyuno, and J-G. Ha
“Epitaxial growth of fcc-Ag(001) nanodots on MgO(001) substrates via Ti seed layer-assisted agglomeration”
J. Phys. D 46 505304 pp. 1-9, Institute of Physics (2013).
発表論文の概要(準備中)

2013年10月
神子助教らの発表がJSAP Poster Awardに選出されました。

M. Kamiko, R. Suenaga, K. Nose, J.-W. Koo, K. Kyuno, Y. Mitsuda, and J.-G. Ha
“Ti Seed Layer Assisted Thermal Agglomeration Process for the Self-assembled Ag films.”
Poster Award, The 74th JSAP Autumn Meeting, 2013.

2013年2月
野瀬助教、神子助教らの技術論文が「表面技術」誌に掲載されました。

野瀬健二、神子公男、光田好孝
“分光器の温度依存性を考慮した高精度ラマン分光測定”
表面技術 64巻 2 号 p.133-139 (2013) 表面技術協会.
発表論文の概要

2012年

2012年12月
IUMRS-ICEM2012, Award for Encouragement of Research of Materials Science (Symposium B-8)受賞

野瀬助教、大宮(修士課程)、神子助教らによる発表
"High-Resolution Raman Spectroscopy for diamond-like carbon thin film" に授与されました。

2012年11月
本研究室でのダイヤモンドライクカーボンに関する研究成果がNEW DIAMOND誌のトピックに掲載されました。本記事は佐々木(2011年修士)、森久(2009年修士)らの成果をまとめたものです。

野瀬健二、光田好孝
“基材再堆積法によるDLC膜/Al合金基材の界面制御”
NEW DIAMOND 18 No. 4, p. 24 Japan New Diamond Forum (2012).
発表論文の概要

2012年8月
野瀬助教、佐々木(2011修士)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

K. Nose, Y. Sasaki, M. Kamiko, Y. Mitsuda
“Nanoindentation Fracture Behaviors of Diamond-Like Carbon Film on Aluminum Alloy with Different Interface Toughnesses”
Japanese Journal of Applied Physics 51 No. 090127, Japanese Society of Applied Physics(2012).
発表論文の概要

2012年6月
神子助教、野瀬助教らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

M. Kamiko, K. Aotani, R. Suenaga, J-W. Koo, K. Nose, K. Kyuno, and J-G. Ha
“The Influence of Ta underlayers on the structure of TiO2 thin films deposited on an unheated glass substrate”
Applied Surface Science 258 pp. 8764-8768, Elsevier(2012).
発表論文の概要

2012年3月
諏訪(2008修士)、藤田(2010修士)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

K. Nose, T. Suwa, R. Fujita, M. Kamiko, Y. Mitsuda.
“Crystallinity and electrical conductivity of sulfur-containing microcrystalline diamond thin film”
Thin Solid Films 520 pp. 4310-4313, Elsevier(2012).
発表論文の概要

2012年2月
表面技術協会 平成24年度 論文賞

下記の論文に対して、一般社団法人 表面技術協会より平成24年度 論文賞を受賞いたしました。

野瀬健二、森久祐弥、佐々木勇斗、光田好孝
“高周波バイアススパッタにおけるDLC薄膜/基材界面の構造変化と耐磨耗特性”
表面技術 61巻 8号 p.591-596 (2010).

2012年2月
表面技術協会 平成24年度 進歩賞

表面技術誌等で発表した、「気相合成プロセスを用いた炭素系薄膜材料の表面、界面制御に関する研究」に対し、野瀬助教が受賞いたしました。

2012年1月
鈴木(修士2年)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

A. Y. Suzuki, K. Nose, A. Ueno, M. Kamiko, and Y. Mitsuda.
“High Transparency and Electrical Conductivity of SnO2:Nb Thin Films Formed through (001)-Oriented SnO:Nb on Glass Substrate”
Applied Physics Express 5 011103 pp. 1-3, The Japan Society of Applied Physics (2012).
発表論文の概要

2012年1月
Award for Encouragement of Research of Materials Science受賞

21st Symposium of Materials Research Society of Japanにおける 野瀬助教の発表"High Efficient Electron Emission from Polycrystalline Diamond Particles with Fine Facets"

2011年

2011年12月
藤田(2010年修士修了)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

K. Nose, R. Fujita, M. Kamiko, and Y. Mitsuda.
“Electron field emission from undoped polycrystalline diamond particles synthesized by microwave-plasma chemical vapor deposition”,
Journal of Vacuum Science and Technology B 30 011204 pp. 1-6, American Vacuum Society (2012).
発表論文の概要

2011年7月
佐々木(2011年修士修了)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

Y. Sasaki, K. Nose, M. Kamiko, and Y. Mitsuda.
“High adhesion of diamond-like carbon thin film to an aluminum alloy achieved by substrate sputtering and redeposition method”,
Surface and Coating Technology 206 pp. 143-148, Elsevier (2011).
発表論文の概要

2011年5月
諏訪(2008年修士修了)、池尻(2008年修士修了)らの研究成果が国際学術誌に掲載されました。

K. Nose, T. Suwa, K. Ikejiri and Y. Mitsuda.
“Ion acceleration in bias-enhanced nucleation of diamond at relatively high pressures”,
Diamond and Related Materials 20 pp. 687-692, Elsevier (2011).
発表論文の概要

2011年7月
プラズマ化学に関する国際学会(20th International Symposium of Plasma Chemistry, ISPC-20)において野瀬助教がBest Paper Finalistに選出されました。

2010年

2010年8月
森久(2009年修士修了)、佐々木(2011年修士修了)らの研究成果が「表面技術」誌に掲載されました。

野瀬健二、森久祐弥、佐々木勇斗、光田好孝
“高周波バイアススパッタにおけるDLC薄膜/基材界面の構造変化と耐磨耗特性”
表面技術 61巻 8号p.591-596 (2010) 表面技術協会.
発表論文の概要

2009年

2009年12月

♦修士課程の佐々木勇斗、藤田龍平が第7回東京大学学生発明コンテスト において、書類審査を突破し口頭発表に臨みました。

2009年11月
平成21年度 生産技術研究所 助教コンペティション

生研弥生賞 優秀
「パルス状プラズマ生成における新規透明導電膜の物性制御の研究」
野瀬健二

2009年11月18日
第23回ダイヤモンドシンポジウム(@千葉工業大学)

ポスターセッション 優秀賞
「摺動部材への応用を目指したAl合金上への高付着力DLC膜の形成」
佐々木勇斗(修士課程)、野瀬健二、光田好孝

2009年1月

2008年度 第6回 東京大学学生発明コンテスト
奨励賞
修士課程 森久、上野、藤田

2008年

2008年6月
17th World Interfinish Congress (Interfinish 2008) (@Busan, Korea)

Invited Presentation Award
"Growth and in-situ sulfur doping to diamond thin films in a microwave-plasma chemical vapor deposition"
Y. Mitsuda and K. Nose

Best Poster Presentation Award
"A numerical simulation of ion acceleration to negatively-biased substrates in a microwave-plasma chemical vapor deposition of diamond"
K. Nose and Y. Mitsuda

2008年3月
表面技術協会第114回 講演大会(@日本大学)

学術奨励講演賞
「ダイヤモンド核生成環境における照射イオンのエネルギー及びフラックスの定量化」
野瀬, 諏訪(修士課程), 光田